ベルベット・イースター +care は、「あなたを想う」ことに特化した恋愛メディアです。恋愛の悩み・恋愛相談など、あなたの恋愛に「+care」する恋愛情報をお届けしています。

電話で恋愛相談
メールで恋愛相談
チャットで恋愛相談
恋愛詩を投稿
失恋

失恋を忘れられないのはなぜ?デメリットやNG行動も確認

大好きだった彼との思い出は、いつまでもあなたの心の中で輝き続けるものでしょう。

しかし、彼との恋を失ったことが頭から離れず、泣き出してしまったり、辛い気持ちになったりする人も少なくありません。

なぜ失恋を忘れられないのでしょうか?その理由について見ていきましょう。

元彼を思い出すタイミングや、失恋を忘れずにいるデメリット、失恋を忘れたいときのNG行動も紹介します。

あなたの心が落ち着くように願っています。

失恋を忘れられないのはなぜ?

失恋した人にとって、好きな人を忘れられないというのはとてもつらい問題です。

好きな人を忘れ、新しい人生の道へ一歩踏み出したいのに、なかなかそれができないのはなぜなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

片思いの人だった

失恋を忘れられないのはなぜなのでしょうか?その問いには、片思いの人だったから、という答えが第一に挙げられるでしょう。

片思いとは、自分自身で作り上げた理想の相手の姿に恋をしている状態です。

そのため、自分が理想とする彼の姿が現実と合わなくても、心から思っている気持ちは消えません。

現実が理想像と合わなかったことを突きつけられますが、感情はいきなり切り替えることはできないのです。

また、彼があなたの人生の中で重要な存在だった可能性もあります。

いろいろな経験を共有し、一緒に過ごした時間は、あなたにとってかけがえのないものになっているのではないでしょうか。

それはあなたにとってとても大切な思い出として残ります。

彼と過ごした時間や思い出を今は忘れることができなくても、新しい自分を見つけることはできるはずです。

自分自身をしっかりと見つめ、自分自身を大切にしていくことが、よい方向への第一歩になるでしょう。

職場恋愛

失恋を忘れられないのは、とてもつらいものです。

特に職場恋愛だった場合は、元彼に会わないわけにはいかず、いろいろな思いが交錯して、気持ちを断ち切るのが難しいかもしれません

なぜ職場恋愛が忘れられない恋なのか、いくつか理由が挙げられます。

まず、職場は仕事をする場所であり、そこでの出来事は現実的なものとして認識されます。

つまり、恋愛が失敗したとしても、職場でのエピソードは現実逃避ができないため、繰り返し思い出してしまうのです。

また、職場恋愛は、プライベートと仕事を同一化するものであるため、ストレスやプレッシャーが大きいというのがあります。

ストレス・プレッシャーが恋愛感情に重なって、忘れられなくなってしまうのでしょう。

仕事にも影響が出るということになれば、プロとしての自分とプライベートな自分がうまく調和できない状態になってしまいます。

既婚者だから

好きな人が既婚者だったからというのも、失恋を忘れられない大きな要因となるでしょう。

「彼が既婚者だから」というのは、想像以上に強い心理的な壁になります。

あなたが彼を好きになった時点で、彼は既婚者だった場合が多いでしょう。しかし、それでもあなたは彼を好きになったのです。

そして、もし失恋した状態になるのなら、それは叶わない恋として、諦めるしかないのかもしれません

あなたが片思いの恋をしたのか、両思いをしたのかはわかりませんが、その感情は恋という形で実りを結んだといってもよいでしょう。

しかし、現在、彼との関係は終わってしまっています。

それでも、彼を忘れられないのは、彼が既婚者であることが大きな要因となっているのは間違いありません。

あなたが彼に恋をしていたとき、彼は別の女性と結婚していたということです。

それは、あなたが彼を好きだった時点で既に変わることのない現実であり、変えることができないものだったといえます。

元彼を思い出すときはいつ?

忘れられないくらいつらい失恋をすると、彼のことを思い出してしまう瞬間もあるでしょう。大好きな人を思い出すときはいつかについて解説します。

彼の香りがしたとき

忘れられない彼の香りがしたとき、好きな人を思い出してしまう女性は少なくありません

好きな人を思い出すときというのは、意識的に思い出すというよりは、ふと突然に、何でもない瞬間に思い出すことが多いのではないでしょうか。

いつものカフェで、よく通り過ぎる道の途中で、リビングでくつろいでいるときに、突然彼の香りがすると、安心感と悲しみに襲われるのは珍しくありません。

たとえ特別な何かがなくても、日常の中で香る彼の香りが、彼との思い出をよみがえらせてしまい、途方に暮れてしまうのです

彼の香りがしたときは、気持ちが落ち込んでしまうかもしれませんが、それは自然なことです。

沈んでいく気持ちを受け入れ、彼との思い出から少しずつ離れていく勇気を持つことが大切といえます。

彼との思い出には、よいものもよくないものもあるでしょう。しかし、彼を思い出すことは、きっと未来からのメッセージです。

彼との思い出の場所に行ったとき

好きな人を思い出すのはいつかという問いかけに、「彼との思い出の場所に行ったとき」と答える人は珍しくありません。

二人で行った公園・遊園地・夜景スポット…、あなたと彼が共有した場所には、二人の存在が色濃く残っているはずです。

思い出の場所に行くと、彼との思い出がフラッシュバックすることがあります。

しかし、それはあなたに悲しみをもたらすだけではありません。彼と過ごした時間を懐かしく思い出し、笑顔になることもあるでしょう。

失恋したら、彼を忘れるために彼との思い出の場所には行かない方がいい、というアドバイスもあるかもしれません。

しかし、あなたが好きだった場所から逃げることは、痛みを深めることになります

時間をかけて、その場所に行くことができるようになれば、あなたは少しずつ前に進むことができるようになるでしょう。

あなたが彼と過ごした時間は、あなたの人生の一部であり、決して消えることはないのです。

心が弱っているとき

失恋は辛いものです。元彼との思い出が頭から離れず、どうしても彼のことを思い出してしまうことがあるでしょう。

心が弱っているときというのが、その代表的な例といえます。心が弱っているときは、過去の思い出がより一層強く脳裏に残ります

失恋したばかりの人は、心が傷ついているため、元彼を思い出すことが頻繁に訪れるようになってしまうのです。

仕事でミスをしたり、プライベートがうまくいかなかったりなど、いつもなら気にならない、ちょっとした日常生活の失敗を、とても強く感じるときは、心が弱っているサインです。

このようなとき、「もっと強くならなきゃ」と自分を奮い立たせるのもひとつの方法ですが、おすすめできる解決策とはいえないかもしれません。

つらい失恋を経験したあなたですから、ちょっとした日常の低空飛行を、過剰に受け止めてしまうはずです。

そんなときは、自分を休ませてあげることが大切といえるでしょう。

大好きだったあの人を思い出すのは仕方のないことかもしれませんが、意識的に思考のスイッチを押すことも必要なのです。

失恋を忘れないでいるデメリット

失恋を忘れることは、とても難しいことです。しかし、このまま好きな人を忘れられずにいることによって、デメリットを感じることもあるでしょう。

失恋を忘れないでいるデメリットについて解説します。

ストレスをためてしまう

失恋を忘れられないというのは、つらい別れを経験した人にとっては当然のことといえます。

しかし、その状態を続けることにはデメリットがあることを認識した方がよいでしょう。それは「ストレスをためてしまう」ことです。

元彼を思い出す度に、心にモヤモヤやイライラを感じることはないでしょうか。

特に、元彼と感情的なすれ違いがあった人などには、そういった感情が強く表れます。

彼が頭に浮かぶ回数・時間の長さによって、あなたにかかるストレスの大小に影響が出るでしょう。

彼のことを思い出すことで、自分自身を傷つけてしまうこともあります。

しかし、心の奥底にある思いは、無理に押し込めても消えることはありません。

答えのない問いの中で、ストレスばかりをためこんでしまい、心身に不調をきたす人も決して珍しくないでしょう

「彼のことを思い出すことは、ストレスになるだけだから気を付けよう」そんな気持ちを持つだけでも構いません。

失恋を忘れるのは簡単なことではありませんが、一歩ずつ前に進むことが大切です。

周囲の人が苦しむ

失恋を忘れないでいるデメリットのひとつに、周囲の人を苦しませてしまうというものがあります。

周囲の人は、決してあなたに悪意を向けているわけではありません。むしろ、あなたを心配し、できれば何か助けになりたいと感じているでしょう。

しかし、あなたが失恋を忘れられないまま苦しんでいる姿を見て、彼らもまた、苦しい気持ちになってしまうということは起こり得ます

周囲の人に愚痴を言う人もいますが、これは注意しなければいけません。

友人や同僚などに愚痴ばかり話していると、それを聞かされた人たちはつらくなってしまいます

同じことを繰り返し聞かされると、「またその話?」と疲れてしまうかもしれません。

また、同僚に愚痴を言ってしまうと、プライベートなことを話すことになってしまい、職場での人間関係にも悪影響を与えかねません。

周囲の人たちは、あなたが苦しんでいる姿を見ることがつらいでしょう。

彼らはあなたを助けたいと思っているかもしれませんが、どうやって手助けしたらいいのかわからないという気持ちでいるのです。

新しい恋ができない

「新しい恋ができない」というのも、失恋を忘れないでいるデメリットのひとつです。

前の恋愛がまだ心に残っていると、新しい人と出会っても、過去に引きずられ恋愛に発展しないことがあります。

あなたに優しくしてくれる男性に対しても、前の恋人の影を思い起こさせてしまい、近寄りがたい雰囲気を感じさせてしまうかもしれません。

新しい恋ができないことは、元彼をさらに忘れられない存在にするものです。

せっかくの運命的な出会いさえ、相手を男性として見られないことから、チャンスを逃す結果になってしまいます。

今はつらくても、目の前の恋愛を大切にすることができないのは、あなたの将来にとって大きなマイナスです。

新しい恋は新しい恋として、過去とは切り離して考えることが大切といえるでしょう。

失恋を忘れたいときのNG行動

失恋を忘れられないことは、仕方のないことだと諦めている人もいるでしょう。

しかし、いくら彼を忘れられないからといって、してはいけないNG行動というのがあります。代表的な例を3つ紹介します。

自分を責めてしまう

失恋を経験すると、自分を責めてしまう人は少なくありません。しかし、これは好きな人を忘れたいときのNG行動のひとつです。

自分を責めてしまうことで、過去の出来事に固執し、これからの未来に目を向けることができなくなってしまいます

自分を一度でも責めてしまうと、何度も何度も責め続けるという悪循環に陥ることもあるでしょう。

自分を責めることは、自分を傷つけることにつながり、自分自身の価値を下げることになります。

それによって、自分に自信を持つことができなくなり、素晴らしいチャンスをみすみす逃してしまうことになるかもしれません

過去を変えることはできないというのは、当たり前のことです。「それができないから苦しんでいる」という気持ちは否定できないでしょう。

しかし、過去を振り返っても、振り返っても、やはり過去は変わらないということは事実なのです。

彼の悪口を言う

「彼の悪口を言う」というのは、失恋を忘れる上でやってはいけないNG行動のひとつに挙げられます。

失恋をすると、元彼のことを思い出してしまい、悲しくなってしまうことがあるでしょう。

しかし、その悲しみを晴らすために、彼の悪口を言うのはNGです。

彼の悪口を言うことで、一時的に気分が楽になるかもしれません。しかし、それは本当の解決策とはいえないでしょう。

自分を責めてしまうのと同じように、彼に責任を転嫁してしまう行為です。

また、周りの人たちにも悪い印象を与えてしまいます。たとえ元彼であっても、他人の悪口ばかりを言う人は、敬遠されてしまいます。

失恋はつらいものですが、彼の悪口を言うことは、自分自身も傷つけ、その悲しみから抜け出せなくなるNG行動です

彼との別れを受け止め、過去を振り返らず、未来へ向かって前に進みましょう。

彼のSNSをチェックする

「彼のSNSをチェックする」というのも、失恋後にやってはいけないNG行動といえるでしょう。

彼のSNSをチェックすることで、彼に新しい恋人がいるかもしれないという不安が募ってしまいます。

また、彼の投稿を見てしまうことで、忘れようとしている彼への気持ちが再燃してしまうこともあるでしょう。

もちろん、SNSをチェックして思い出に浸ることは悪いこととは言い切れませんが、今の自分にとってプラスになることか考える必要があります

「忘れたい」という気持ちが強いのに、彼のSNSをチェックしてしまうことは、ただ心に傷を付けるだけです。自分自身を守るためにも、やめておきましょう。

できれば彼をブロックするなどして、彼のSNSは見ないようにするのが正解といえそうです

彼との失恋と向き合って未来への一歩を踏み出そう

失恋を忘れられないあなたの気持ちは、その恋が素晴らしいものであればあるほど、深く強くなっていくでしょう。

「彼を忘れられない…」もしそんな思いが続くなら、「仕方のないことなんだ」と自分を抱きしめてみるのもひとつの方法です。

川が大きければ大きいほど、向こう岸にたどり着くには困難が伴います。

けれど、川の向こう側にたどり着いたとき、あなたの心は今まで体験したことのないような安堵感に包まれるはずです。

この失恋を胸に抱いて、未来への一歩を踏み出してみましょう。あなたの勇気はきっと報われます。

菅原逢生

菅原逢生

哲学専攻修士課程修了。株式会社ベルベット・イースター取締役CIO。心理占星学研究家。恋愛詩メディア「一かけらの今」編集部。太陽は山羊座で現実的だけど、月は魚座でロマンチスト。どっちなの

関連記事

PAGE TOP