ベルベット・イースター +care は、「あなたを想う」ことに特化した恋愛メディアです。恋愛の悩み・恋愛相談など、あなたの恋愛に「+care」する恋愛情報をお届けしています。

電話で恋愛相談
メールで恋愛相談
チャットで恋愛相談
恋愛詩を投稿
失恋

「一生彼氏ができない気がする…」本当にできないか診断!

「一生彼氏ができない気がする…」そんな不安に思いを巡らせていませんか?

もしもあなたが、恋愛において自分の場所を見つけられずにいるのなら、このレポートが新たな一歩を踏み出すための手がかりとなるかもしれません。

一見難しく思える悩みを解決するための診断を通じて、もう一度自分自身と向き合う機会を提供します。

自分だけが彼氏ができないわけではないという事実に気づき、これからの恋愛に対する希望を見出してみましょう。

目次

一生彼氏ができない気がする…診断しよう【初級編】

このセクションでは、「一生彼氏ができないかもしれない」という不安を抱えているあなたへ、基本から見直すべき点をご紹介します。

出会いの数が少ない、失恋から立ち直れないなど、あなたが気づかないうちに抱えているかもしれない問題点をひとつずつ解き明かしていきましょう。

これらの初歩的な原因を理解し、対処することで、次への一歩が見えてくるはずです。

失恋のショックから立ち直れずにいる

失恋のショックは、時間が経ってもなかなか癒えないものです。

その痛みが原因で、新たな出会いに踏み出せずにいる人も少なくありません。

立ち直れないと感じるのは、決してあなた1人だけではありません。失恋の痛みを癒すヒントを探すことが大切です。

出会いの数が少なすぎる

出会いの数が少ないというのは、多くの人が抱えている問題のひとつです。

日常生活の中で新しい人と出会う機会は意外と限られており、そのために恋愛への一歩を踏み出すことが難しくなってしまいます。

恋愛は、出会いがあるからこそ始まるものです。

どうすれば出会いの機会を増やせるか、自分自身をプロモーションするための施策を考える必要があるでしょう。

勉強熱心・チャレンジ精神が強い

勉強熱心でチャレンジ精神が強い人は、目標達成に向けて常に全力を尽くしています。

しかし、その姿勢が恋愛の機会を減らしてしまうことも。

自分の成長と向上に集中しすぎると、周りの人々との関わりや新しい出会いに気づきにくくなります。

積極的な学びの姿勢も大切ですが、恋愛のムードを高めていくことも同時に行う必要があるでしょう。

ムードに弱すぎて遊ばれてしまう

ムードに弱すぎるがために、お酒の席などで思わぬ形で遊ばれてしまう人はいるものです。

心地よい雰囲気に流されやすい人は、その瞬間の感情に引きずられ、後悔するような経験をしてしまうことも。

その場の雰囲気に合わせられる能力は、決して悪いものではありません。

しかし、1人の人と結ばれたいと思うなら、時には強い意志を持って人と接する必要があるといえるでしょう。

過去に付き合った人が理想的すぎた

過去に付き合った人が理想的すぎると、新しい出会いに対する期待値が高くなりがちです。

その結果、現実の人々との関係構築において、何かしらが物足りなく感じてしまうことも。

理想的な恋愛を経験したあなたは、きっとその恋を何度も思い出してしまうでしょう。

しかし、それが新しい恋愛に対する消極的な姿勢に変わることもあります。

理想と現実のギャップをどう受け止め、乗り越えていくかを考える必要があるといえそうです。

LINEは業務連絡ツールと思っている

LINEを「業務連絡ツール」としてしか使っていないと、恋愛へと発展する可能性を見逃してしまうことがあります。

味気ないLINEの使い方では、日常のやりとりの中にあるかもしれないちょっとしたスパイスや親密さを感じることができません。

LINEでのやりとりには、相手の本音や気遣い、好意などが隠されている場合があります。

LINEを使ったコミュニケーションをより密にすることで、今まで気づかなかった恋愛の可能性を発見できることがあるでしょう。

好きになった人がダメ男ばかり

過去に好きになった人がいわゆるダメ男ばかりだったという経験は、あなたの自信を大きく揺るがすことがあります。

なぜ自分はダメな男性を引き寄せてしまうのか、その原因と結果について深く考え込んでしまうことも。

いわゆる「ダメ」な男性は、あなたの母性本能をくすぐることが多いものです。

自身の愛情が深すぎることを自覚し、正しく男性を見るための訓練を行う必要があるといえるでしょう。

一生彼氏ができないか診断【中級編】

このセクションでは、「一生彼氏ができないのでは…」という思いを抱えているあなたに、さらに深く自己を観察する機会を提供します。

プライベートよりも仕事を優先する生活・熱烈な愛を求めすぎる心理・1人の時間を楽しんでしまう傾向など、恋愛を阻害するさまざまな要因を明らかにします。

ここでの診断を通じて、あなた自身の恋愛観を見つめ直し、新たな気づきを得るためのヒントにしましょう。

プライベートより仕事を優先してしまう

プライベートよりも仕事を優先することは、多くの人が無意識のうちに行っている選択です。

忙しい日々の中で、恋愛よりもキャリアを選んでしまうことがあります。

この傾向は、恋愛の機会を逃す大きな原因となり得ます。

仕事とプライベートのバランスが恋愛に与える影響は大きなものです。

恋愛との両立を可能にするために、計画を練ることも必要といえるでしょう。

熱烈に愛されることを望んでいる

熱烈に愛されることを強く望んでいるが故に、時としてその情熱が男性を引かせてしまうことがあります。

愛情表現に対する期待が高すぎると、相手にとってはプレッシャーとなり、恋愛がスタートする前に遠ざかってしまうことも。

「愛されたい」という欲求は誰にでもあるものですが、過剰な期待は控えた方がよいかもしれません。

情熱的な愛を求める心の動きが、恋愛の障害になり得ることを心にとめておきましょう。

「1人でもそこそこ楽しい」と思ってしまう

「1人でもそこそこ楽しい」という感覚は、自立心が強い証拠ですが、同時に男性を寄せ付けないバリアともなってしまいます。

1人でいることに満足しすぎると、恋愛をする上での積極性が欠け、新しい出会いに対しても消極的になりがちです。

足りないものを補い合うのが恋愛ともいえます。

あなたは平気でも、彼は寂しい思いをしている…というすれ違いを防ぐためにも、相手の気持ちにアンテナを張っておく必要があるといえるでしょう。

女友達が多い・友情にあつい

女友達が多く、友情を大切にする人は、しばしば恋愛よりも友達を優先してしまいます。

その結果、男性は置き去りにされたように感じることも。

あまりにも友情を大切にしたが故に、不要な誤解を与え、関係が破綻してしまう場合もあるでしょう。

深い友情は価値あるものですが、バランスを取ることがあなたを恋愛に導く鍵となります。

めったに弱音を吐かない

めったに弱音を吐かない人は、「強い女性なんだな」と周囲の男性に思われがちです。

男性には、弱いものを守ってあげたいという本能が存在します。弱音を吐かないことで、男性を遠ざけているかもしれません。

恋愛においては、時に弱さを見せることも大切です。それにより、相手との間に深い絆を築くことができるのです。

たとえ本心から「頼らなくてもいい」と考えているとしても、可能な範囲で男性に甘えてみるのも必要といえます。

LINEに夢中になりすぎている

LINEに夢中になりすぎると、実際の対面でのコミュニケーションがおろそかになることがあります。

特に男性はLINEでの深いコミュニケーションに苦手意識を持つことも多く、その結果、関係が希薄になってしまうことも。

LINEへの過度な依存は、必ずしも恋愛によい影響を与えないことを心にとめておく必要があります。

できるだけ男性のペースに合わせる形でLINEを利用することを心掛け、コミュニケーションのひとつのツール程度に考える必要があるでしょう。

友情のような愛情を望んでいる

友情のような愛情を望む人は、恋愛関係においても友達関係のような安心感を求めています。

しかし、相手はより親密な愛を望んでいる場合もあり、このギャップが関係の成立を妨げることに。

友達同士によくあるような和やかさを恋愛に求めるのはおかしなことではありません。

とはいえ、出会いの幅を狭め、恋愛関係の継続を難しくする理由になることも確かです。

友情と愛情の間の微妙なバランスを使いこなし、相手の感情と調和する方法を探す必要があるでしょう。

一生彼氏ができないか診断【上級編】

このセクションでは、「彼氏ができないかも…」という不安を抱えているあなたに、さらに深層の問題に焦点を当てます。

自己価値の感じ方・消極的な姿勢・恋愛に対する恐怖心など、恋愛を遠ざけてしまう根本的な原因を診断します。

あなたが恋愛に対して持っている深い懸念に向き合い、克服するための方法を探っていきましょう。

愛される資格がないと感じる

「愛される資格がない」という自己否定感は、過去に恋愛で挫折した人が抱きやすい深い悩みです。

このような感情を抱いている人は、自信の欠如・新しい関係を築く機会を自ら遠ざけてしまいます。

そうした自己否定の感情は、恋愛への積極性を損なわせるものです。

恋愛をするのに自身が特別な存在になる必要はありません。

愛する人にとって特別なあなたであればよいということを認識する必要があるといえるでしょう。

何事においても消極的な姿勢

何事においても消極的な姿勢を取る人は、引っ込み思案・シャイで奥手な性格が原因であることが多いものです。

このような性格は、恋愛を始める最初の段階での積極性に欠け、新しい出会いのチャンスを逃す原因になります。

消極的な態度は、異性・同性問わず、周囲から魅力的な人物と思われることは多くないかもしれません。

あなたの内面にある優しさ・思いやりといったよい面に気づいてもらうには、まずは積極性を取り戻すことが大切といえるでしょう。

心ここにあらずの状態になりやすい

心ここにあらずの状態になりやすい人は、しばしば1人の世界に没頭し、周囲に気を配れなくなります。

この内向的な傾向は、他者との関係構築、特に恋愛関係において、相手とのつながりを深めることを難しくします。

自分だけの世界に閉じこもることが、相手から敬遠され、時にはあなたのもとから離れてしまう原因にもなるでしょう。

恋愛とコミュニケーションは地続きです。まずは心を開き、相手を観察し、しっかりと現実を見ることが必要といえそうです。

意志が固く雰囲気に流されにくい

意志が固く、周りの雰囲気に流されない人は、相手から受け入れられにくいことがあります。

時には柔軟性を持ち、隙を見せることも恋愛においては必要です。

この強固で頑なな性質は魅力的に思われることもありますが、恋愛の機会を狭めてしまうことが多いでしょう。

自己主張が強いことはよいことですが、恋愛では双方向の理解と妥協が求められる場面も多くあるのです。

「男性が怖い」と感じてしまう

「男性が怖い」という感覚は、無意識のうちに男性を遠ざけ、恋愛の機会を限定してしまいます。

この恐怖心は過去の経験や周囲の影響から生じることがあり、それが恋愛に踏み出す一歩を妨げていることも。

男性恐怖が恋愛への進展を阻んでしまうことは多々あります。

もし「恐ろしい」という気持ちが強く、自分ではどうしようもないという場合は、専門家にアドバイスをもらうなど、自分自身を顧みる必要があるといえそうです。

推し活が人生の中心になっている

「推し活」に夢中になり、それが人生の中心となっていると、恋愛はしばしば二の次になってしまいます。

この情熱は周囲から見ると引いてしまうこともあり、恋愛関係の構築に影響を及ぼします。

推し活が恋愛よりも優先され、それが人間関係に積極的になれない場合、やはり過度な推し活は控えた方がよいかもしれません。

推し活に夢中になることで現実がおろそかになるのはおすすめできません。

推しに使う時間・お金・労力といったものを少しずつ恋愛にシフトしていくことが必要といえるでしょう。

5つ以上当てはまったら危険かも

これまでの3つのセクションで挙げた点に5つ以上当てはまっている場合、それは彼氏ができない兆候と捉えてもよいかもしれません。

各セクションは、恋愛において避けるべき心理的・行動的なパターンを示しており、多く当てはまるほど恋愛への道が遠のいている可能性があります。

当てはまる項目の数を自己診断のひとつの指標として、今後の恋愛に対する意識改革のきっかけにしていただければさいわいです。

一生彼氏ができない人の割合は?

「一生彼氏ができない」と感じることは、あなた1人だけの悩みではありません。

実際には、一定の割合の女性が同じような不安を抱えています。

このセクションでは、恋人がいない女性の割合に焦点を当て、年代別の統計データをもとに、彼氏ができないと感じる女性がどれくらいいるのかを明らかにします。

恋人がいない女性の割合は20~40代の時点で28%

リクルートブライダル総研「恋愛・結婚調査2023」20~40代未婚男女におけるデータによると、恋人がいる人の割合は29.7%で、恋人がいない人の割合は70.3%です。

この中で、交際経験のない人の割合は34.1%となっています。

女性の場合、恋人がいる人の割合は37.0%で、これまでに交際経験がない女性の割合は28.0%です​​。

交際経験のない割合が28.0%であることから、少なくともこの割合の女性はこれまでに一度も恋人がいなかったと考えることができます。

ただし、20~40代で恋人がいない、または交際経験がない女性がその後一生恋人ができないとは限りません。

「一生恋人がいない女性の割合」を正確に算出することは難しいですが、現時点で交際経験がない女性の割合(28.0%)を参考にすることは可能です。

これは、少なくともこの割合の女性が20~40代の時点で一度も恋人がいなかったことを示しています。

参考:恋愛・結婚調査2023

できれば彼氏が欲しい…彼氏を作る方法5選

「できれば彼氏が欲しいな…」と思っているあなたへ、実践的な彼氏を作る方法をご提案します。

このセクションでは、恋愛の専門家や実際に成功した人たちのアドバイスをもとに、彼氏を作るための効果的な5つの方法を紹介します。

過去の失敗を乗り越え、新たな出会いを見つけるヒントや、恋愛を成功させるためのコミュニケーションのコツなど、実用的な情報が満載です。

これらの方法を試すことで、あなたの恋愛観が変わるかもしれません。

過去の恋愛の失敗を書き出す

過去の恋愛での失敗を書き出してみることは、自分自身を深く見つめ直す素晴らしい機会となります。

メモに書き出すことで、何がうまくいかなかったのか、どのようなパターンが繰り返されているのかに気づきやすくなります。

これらの失敗から得られるヒントは、将来の恋愛において同じ過ちを繰り返さないための貴重な学びとなるはずです。

自分の行動や考え方にどのような問題があったのかを理解することで、次に向けての改善点が明確になり、より健全な関係を築くための基盤作りができるでしょう。

恋愛のアドバイスを受け入れてみて

恋愛のアドバイスを受け入れてみることは、自分では気づけなかった視点を開くきっかけになります。

友人や家族、あるいは専門家からのアドバイスは、自分自身の恋愛パターンや行動に新たな光を当ててくれます。

他人の視点からの指摘は時には厳しいものかもしれませんが、その中には自分を成長させ、新しい出会いへと導くヒントが隠されていることも。

開かれた心でこれらのアドバイスを受け入れ、自分の中にある改善の余地を探りましょう。

その過程で、これまで見過ごしていた恋愛のチャンスに出会えるかもしれません。

出会いの量が必要。質はあとからでOK

出会いの量を増やすことは、理想のパートナーを見つける上で非常に重要です。

最初から質を求めるのではなく、まずはたくさんの人と出会うことに注力しましょう。

多くの異なる人々と交流することで、自分が何を求めているのか、どのタイプの人と相性がよいのかが徐々に明らかになります。

また、多くの出会いを経験することで、選ぶ立場になれるというメリットもあります。

このプロセスを通じて、自分自身の恋愛に対する理解が深まり、質の高い関係を築くための基盤が形成されるでしょう。

恋愛においても、多くの選択肢の中から最適なものを選べるようになることは、大きな強みとなります。

適度な「女性らしさ」を心掛けて

適度な「女性らしさ」を心掛けることは、恋愛において有効なアプローチのひとつです。

この「女性らしさ」とは、隙を見せたり、時には弱さを見せたりすることで、男性の保護本能をくすぐるような振る舞いを指します。

もちろん、自分を偽る必要はありませんが、柔らかな雰囲気や親しみやすさを意識することで、相手に安心感を与え、親密な関係へと発展させやすくなるでしょう。

このバランスを保つことは、相手との自然なやりとりを生み出し、お互いの理解を深める機会にもなります。

自分らしさを大切にしながら、相手に心地よさを感じてもらうための「女性らしさ」を取り入れてみましょう。

自分の気持ちを素直に表現しよう

自分の気持ちを素直に表現することは、自己表現の中でも特に重要な要素です。

素直さは相手に対する信頼感を築き、コミュニケーションをスムーズにします。

また、自分の感情を率直に伝えることで、愛されキャラになることもあります。

積極性とポジティブな姿勢は、恋愛において引き寄せの法則のように働き、相手を惹きつける力があるでしょう。

恋愛においては、自分の感情を隠すよりも、素直に表現することで相手との間に深い絆を築くことができます。

素直な気持ちを大切にし、恥ずかしがらずに自分の本心を伝えることで、より豊かな人間関係が築けるはずです。

男性が「彼女にしたくない」女性の特徴もチェック

男性が「彼女にしたくない」と感じる女性の特徴をチェックすることで、恋愛における自己改善のヒントを得ることができます。

このセクションでは、恋愛を長続きさせるために避けるべき行動や思考パターンを明らかにします。

時には厳しい真実に直面するかもしれませんが、それが自己成長につながり、より魅力的なパートナーになるための第一歩となるでしょう。

男性に「完璧」を求めすぎる女性

男性に対して「完璧」を求める女性は、恋愛においてしばしば難しい立場に立たされます。

男性を見る目が厳しすぎると、相手に対する期待値が現実とかけ離れてしまいがちです。

「どうしてこんなこともできないの」「なぜわからないの」など、男性の自信を喪失させる言動をしてしまうことも。

どんな男性にも欠点はあり、それを受け入れることが両者の関係を深める鍵となります。

理想と現実のバランスを見つけることが、健全な恋愛への第一歩となるでしょう。

「普通の男性でいい」と言う女性

「普通の男性でいい」と言う女性は、しばしば自分でも気づかないうちに、男性に高い理想を押し付けがちです。

この言葉の裏には、無意識のうちに形成された理想像が存在し、それが現実の男性を見る際の基準となってしまうことがあります。

実際には、普通であること自体が特別なことであり、人はそれぞれユニークな個性を持っています。

表面的には謙虚に聞こえるこの発言が、恋愛関係における誤解や期待のズレを生むものなのです。

相手を受け入れることの大切さと、現実的な関係構築に必要な視点を身に付けることが大切です。

意識しなくても「男性嫌い」が見える女性

意識しなくても「男性嫌い」が見える女性は、男性とのコミュニケーションにおいてしばしば壁を作ってしまいます。

この嫌悪感は、男性的なもの全般に対する反発として表れることがあり、その結果、男性は近づきがたい雰囲気を感じ取るものです。

例えば、男性的なコミュニケーションへの嫌悪であったり、男性的な価値観にもとづく特徴への過小評価であったり。

そうした無意識の態度が恋愛の機会を減少させる原因となることもあります。

自身の男性に対する嫌悪に気づき、それを改善することが、より健全な恋愛関係を築くための第一歩となるでしょう。

彼氏の笑顔に毎日会えるあなたになろう

彼氏の笑顔に毎日会えるあなたになるためには、まず自分自身と向き合い、素直な気持ちを大切にすることが重要です。

過去の失敗を受け入れ、新たな出会いに積極的に挑戦しましょう。

また、相手に対して理想を押し付けず、その人をありのままに受け入れることで、より深い絆を築くことができます

自分の感情を素直に表現し、相手の小さな優しさにも感謝する心を忘れずにいることも大切です。

このような姿勢が、あなたを愛し、あなたの笑顔を大切にする彼氏との素敵な関係へと導くでしょう。

今日から一歩ずつ、愛される自分へと歩みを進めてくださいね。

恋愛相談で、プラスケアしよう。

叶わない恋、復縁、相性etc.
あなたの恋愛の悩み、
プラスケアします。

菅原逢生

菅原逢生

哲学専攻修士課程修了。株式会社ベルベット・イースター取締役CIO。心理占星学研究家。恋愛詩メディア「一かけらの今」編集部。太陽は山羊座で現実的だけど、月は魚座でロマンチスト。どっちなの

関連記事

PAGE TOP