ベルベット・イースター +care は、「あなたを想う」ことに特化した恋愛メディアです。恋愛の悩み・恋愛相談など、あなたの恋愛に「+care」する恋愛情報をお届けしています。

電話で恋愛相談
メールで恋愛相談
チャットで恋愛相談
恋愛詩を投稿
失恋

遠回しに振られた?「本当の失恋」かチェックしよう

「最近、彼の様子が以前と変わった気がする…」そう感じたら、「遠回しに振られた」可能性を調べてみる必要があります。

もし彼があなたを遠回しに振ることで自然消滅を狙っていたとしたら、あなたの心にはモヤモヤしたやりきれなさが残るだけです。

彼の態度が「本当の失恋」かどうか、早めにチェックするのがおすすめといえます。

「遠回しに振られた」か確認する方法・そう感じたときにしてはいけないNG行動を見ていきましょう。

遠回しに振られた?「本当の失恋」かチェック

「彼氏が最近、少しおかしい…」それは「遠回しに振られた」サインかもしれません。

彼の行動が「本当の失恋」に当たるか確認してみましょう。

「今、忙しいんだ」が増える

具体的な理由がないにもかかわらず、彼の態度が冷たくなったと感じたら、それは「遠回しに振られた」サインかもしれません。

「今、忙しいんだ」「自分の時間が欲しいんだ」「人と会う気分じゃなくて…」そんな理由であなたを遠ざけているのなら、「あなたと会いたくない」というメッセージの可能性があります。

もしこれが数日~1週間程度のことであれば、一時的な気分の落ち込みといえなくもないでしょう。

しかし、数週間たってもこういった状態が続くとなれば、何らかの変化が彼の心の中で起きていると考えられます。

恋人相手であれば、より具体的な理由を話してくれるはずです。曖昧な表現は要注意シグナルであると心得た方がよいかもしれません。

共感してくれなくなった

「いつものデート」で彼はどんな様子だったか、思い出してみましょう。

映画を観て「ここがよかったね」「自分もそう思った」、アトラクションに乗って「面白かったね」「すごく楽しかった」など、「共感」してくれていたのではないでしょうか。

そんな彼があなたの意見に対して「あまり面白くなかった」「たいしたことなかった」など、共感してくれなくなった場合、それは「遠回しに振られた」サインかもしれません。

会話のトーンも重要です。二人で感動を共有していた頃は、楽し気な雰囲気で満ちていたのに、急にテンションが低くなった場合は要注意といえます。

「二人の心がバラバラになったような気がする」「気持ちが通わなくなった」そんな雰囲気を感じ取ったら、彼があなたとの間に壁を作っている可能性が高いでしょう。

デートの誘いはいつも自分から

「電話をかけるのはいつも私からで、彼から電話が来ることはない」という中島みゆきの曲(しあわせ芝居)がありましたが、「恋してるのは私だけ」状態になっているときのシグナルがあります。

それは、デートの誘いや、ちょっとした気持ちの共有、メッセージの送信などが、ほとんど自分からアクションしないと始まらないというものです。

あなたが電話しなければ彼から電話は来ませんし、あなたからメッセージを送らなければ彼からメッセージが来ることはない…それは「遠回しに振られた」サインの条件を十分満たしています。

デートのドタキャンや、人ごみで置き去りにされるなど、「あなただけが彼を追いかけている」ということがあれば、さらに危険度は高くなるでしょう。

もちろん彼が仕事で重要なプロジェクトを任されているなど、状況を併せて考える必要がありますが、最低限彼にギブする気持ちがなければ恋愛は成り立たなくなるはずです。

夢や目標を話してくれない

恋愛しているとき、多くの恋人たちは「今が楽しい!」ばかりではなく、将来のことについても考えているものです。

これから転職はするのか、いつ家族に紹介するか、同棲を始める可能性はあるかなど、話し合うことで結束が強まる場合もあるでしょう。

しかし、「遠回しに振った彼」は将来のことを話してくれなくなります。あなたがどれだけ「こうなりたい」と希望を伝えても、ほとんど反応がないでしょう。

相手のことが好きなのであれば、将来の夢や目標を伝えようとしますし、そのために自分はこんなふうにがんばっていると伝えてくるものです。

未来のことを語らないのは、二人が共に歩んでいく将来を考えていないということです。二人は分岐点に立たされているといってもよいでしょう。

優しすぎる

もし彼が「優しすぎる…」と感じるなら、それは「遠回しに振られた」サインの可能性があります。

「彼氏が優しい」のは何も不自然なことではありませんが、「優しすぎる」となるとその背景には何らかの要因が隠れている場合が多いでしょう。

例えば、あなたに対して隠し事をしている・おだてることであなたを操ろうとしている・深く関わることを避けようとしているといったことが挙げられます。

「恋愛感情がなくなった」ことを悟られないために、あなたに過度に優しく接することでその場をやり過ごそうとしているのかもしれません。

ただし、「彼女にサプライズなプレゼントを用意しよう」として「優しすぎる」態度を取っている場合もあります。全体的な状況を把握しながら判断することが大切です。

本当に「遠回しに振られた」か確認する方法

彼氏のサインをチェックしたら、本当に「遠回しの失恋」なのか確認しましょう。

ぜひ試したいチェック方法を紹介します。

人ごみで抱きしめる

「やっぱり、遠回しに振られたのかも…」そんな気持ちが強いのなら、彼を「人ごみで抱きしめる」のは愛情を確認する手段として有効です。

電話やメッセージ・静かなカフェなどでは、ストレートに愛情を表現しても明確な返事が得られない可能性が高いでしょう。

彼が本音を伝えてくれるとしたら、「人の目がたくさんある場所」でそこにいる誰にでもわかる愛情表現を実行するというのが効果的です。

友人や知人が見ているかもしれませんし、彼が新しく思いを寄せる彼女が見ているかもしれません。

もし彼にやましいことがなければ、抱きしめ返してくれるはずです。拒否するようであれば、「人に見られたらまずい」ことがあるのかもしれません。

「告白されたんだけど、返事を迷ってる」と言う

恋愛テクニックとして、「駆け引き」は重要なファクターであるといえます。

うまく「遠回しに振られたサインの確認」に駆け引きを生かすなら、「告白されたんだけど、返事を迷ってる」と言ってみるのも一つの手です。

彼は必ず「それは誰か」「なぜ返事を迷うのか」聞いてくるはずですが、「彼を傷つけたくない」「不用意に返事して逆上されたら怖い」などと伝えましょう。

彼がその相談に「男性を傷つけずにうまく断る方法」を教えてくれたり、「何があっても守るから安心して」と言ってくれたりしたら、それは愛されている証拠です。

「あなたの自由意志だよ、自分で決めて」「せっかくだから食事でもしてあげたら」と言うようなら、彼のあなたに対する真剣度は地に堕ちていると判断してよいでしょう。

冷却期間を置く

もし彼の態度が「遠回しに別れたがっているんだな…」という確証が取れない場合は、一旦冷却期間を置いてみることも一つの方法です。

2週間前後を目安に、彼との連絡を絶ってみましょう。彼から連絡が来ても、何らかの(彼が納得するような)理由を付けて拒絶します。

彼がもし「何かあったの?」「悩みがあったら聞くよ」など、「(たとえどんな事情があったとしても)あなたの本心が知りたい」という言動をしてくれるようなら、彼との話し合いに応じることが大切です。

きちんとした話し合いの場を設けて、彼とコミュニケーションを取ることでわだかまりが消えることもあるでしょう。

仮に何の連絡もなく2週間が過ぎたのだとしたら、「遠回しの失恋」を覚悟して、彼に洗いざらい本当のことを話す決断をした方がよいかもしれません。

「遠回しに振られた?」と感じたときのNG行動

「遠回しに振るなんて、どういうこと…?」そう思うのは自然なことです。

しかし、そんな彼にしてはいけないNG行動が存在します。

トラブルにならないためにも、ぜひチェックしましょう。

感情的になる

感情的になることは、問題のタネを大きくする原因になる可能性が高いため、やめた方がよいといえます。

彼に何度もメッセージを送る・何度も電話する・執拗に問い詰めるなど、彼にプレッシャーを与えることは、いうまでもなく二人の関係の悪化を招くでしょう。

あなたが彼に感情的になることで、彼も逆上して感情的になり、収拾がつかなくなる場合があります。

一方、感情的な態度を取るあなたに彼が引いてしまい、「付き合いきれないな」と感じて去っていってしまうこともあるでしょう。

まだ「遠回しに振ったかどうか」は明確ではありません。冷静な対応が重要であるといえます。

SNSで公開する

いくら彼に非があったのだとしても、彼とのことをSNSで公開するのはNGであるといえます。

プライベート設定にしていたとしても、画面をスクショして外部にさらされたら彼の悪評は世界中に広まってしまうでしょう。

SNSは日記感覚で使っているという人が大半かもしれませんが、「日記帳の隅に少しだけ彼への愚痴を書いた」程度のつもりでいても、大きな問題に発展する可能性は大きいといえます。

インターネットは何がきっかけで、どんな情報が拡散されるかわからない世界です。

彼の一生をふいにしてしまう可能性もあるので、ネットへの書き込みは避けた方がよいといえます。

自分を責める

「遠回しに振られたサイン」を感じ取っても、決してしてはいけないNG行動に「自分を責める」ことが挙げられます。

恋愛において弱い立場に置かれると、相手の言うことがすべて正しくて、自分が全部間違っていたという思考に陥ってしまう人が少なくありません。

自分自身を責めるがあまり、彼のいいなりになって「尽くす女性」になってしまう人もいますが、それは間違いであるといえるでしょう。

いくら恋人同士であるとはいえ、二人は対等な立場で尊重し合わなければなりません。

自分を責めたとしても、状況はよくなりませんし、あなただけが傷ついてしまいます。一番大切なのはあなた自身なのだということを心得ておく必要があるでしょう。

「遠回しに振られた?」と思ったときは、彼の心理に注目しよう!

失恋には痛みが伴います。その痛みから逃れるために「遠回しに振ってくる」彼氏に怒りを覚えるのは当然のことといえます。

しかし、まずはそれが本当の「遠回しの別れのサイン」なのかを見極める必要があるでしょう。

「遠回しに振られた」わけではなく、単に気分が沈んでいただけというのもよくある話です。

焦らず慎重に彼の心理をチェックするのが大切です。「してはいけないNG行動」も重要な項目といえます。

それでも心のわだかまりが消えないときは、彼と話し合う機会を設けてみるのも一つの方法です。思い違いの可能性もあります。彼の本心を確かめた上で判断しましょう!

***

恋愛相談で、プラスケアしよう。

叶わない恋、復縁、相性etc.
あなたの恋愛の悩み、
プラスケアします。

菅原逢生

菅原逢生

哲学専攻修士課程修了。株式会社ベルベット・イースター取締役CIO。心理占星学研究家。恋愛詩メディア「一かけらの今」編集部。太陽は山羊座で現実的だけど、月は魚座でロマンチスト。どっちなの

関連記事

PAGE TOP