ベルベット・イースター +care は、「あなたを想う」ことに特化した恋愛メディアです。恋愛の悩み・恋愛相談など、あなたの恋愛に「+care」する恋愛情報をお届けしています。

電話で恋愛相談
メールで恋愛相談
チャットで恋愛相談
恋愛詩を投稿
両思い

嫉妬してほしい男性心理とは?彼を満足させる方法

付き合っている彼から「もっと嫉妬してほしい」と言われたら、大半の女性は驚いてしまうのではないでしょうか。

口に出さなくても、彼が急に不機嫌になったり、無口になったりしたときは、「もっと嫉妬してほしい…」という心理が隠されているかもしれません。

「嫉妬してほしい」男性心理・彼を満足させる方法・してはいけないNG行動を紹介します。

彼の気持ちを正確にキャッチする参考になればさいわいです。

嫉妬してほしい男性心理って?

男性には、彼女に対して「嫉妬してほしい」と思うことがあるものです。そこにはどんな意図があるのでしょうか?

嫉妬してほしい男性心理を確認していきましょう。

「愛される資格」が欲しい

「嫉妬してほしい」というのは裏を返せば「もっと愛してほしい」ということです。

嫉妬するかしないかで愛情の深さを測っている男性もいるでしょう。

女性が嫉妬することを望む彼は、「彼女の愛は本物なのか・自分は彼女に愛されていないのではないか」と疑心暗鬼になっている可能性が高いといえます。

特に彼がもともと自己評価が低く、自信のないタイプであった場合は特にそうだといえるかもしれません。

彼の心理には、「あなたに愛される資格がない(ように感じる)」→「だから愛される資格が欲しい」という欲求があるといえるでしょう。

「スペシャルな存在」だと思いたい

男性は誰でも女性に「褒められたい」「慕われたい」と思っているものです。

彼女から嫉妬されることは、男性にとって「自分の価値が認められている」と感じられる行為であるといえます。

彼氏・彼女のどちらであっても、「特別な人」「大事な人」であれば、その人がほかの異性と親しくしていたり、どこかへ出かけたりしたら「自分の存在」が軽んじられていると思うのは自然なことです。

彼はあなたに嫉妬されることで、自分が「スペシャルな存在」であることを確認したいと思っているのでしょう。

あなたが嫉妬するかどうかが、彼の「特別な存在になりたい」「自分の価値を確かめたい」という欲求を満たしてくれる、そんな心理的背景が彼の中にはあるのかもしれません。

マンネリしていると感じている

彼が知的好奇心旺盛なタイプだったり、アクティブで積極的なタイプだったりした場合、「彼女とのデートがマンネリになっていたら嫌だな」と感じてしまうものです。

「彼女に楽しんでほしい」というサービス精神が旺盛な男性であるほど、その気持ちは強くなり、時には不安に変わってしまうこともあるでしょう。

彼が「嫉妬してほしい」という心理には、「彼女を楽しませたい・新しい刺激を与えたい」という思いが隠されているかもしれません。

嫉妬を感じることには、緊張感や興奮を高める効果があります。恋のスパイスでもあるのが嫉妬であるといえるでしょう。

男性側から嫉妬をすると、女性側が引いてしまう可能性もあるため、彼は「嫉妬してほしいな」と考えているといえます。

過去の恋愛がトラウマになっている

彼が過去に経験した恋愛の失敗・傷は、彼の「嫉妬してほしい」という心理に影響を与えている可能性があります。

手痛い失恋をした・元カノに裏切られた・浮気されたなど、恋愛に関するトラウマは、彼の性格によってはいつまでも引きずってしまう足かせになるものです。

彼があなたからの嫉妬を望むのは、「あなたが誠実な恋人であること」「自分を裏切らない人だということ」を確認したいからといってもよいでしょう。

もしあなたが彼に嫉妬したとしたなら、「あぁ、この人は本当に自分を愛してくれているんだな…」と安心感を抱くはずです。

「嫉妬される」ことと、「真剣に愛されている」ことがイコールで結ばれている彼といえるかもしれません。

彼の「支配欲」が原因なことも

男性には多かれ少なかれ、恋人を支配したい・コントロールしたいという欲求があるものです。

あなたが彼に嫉妬するということは、程度の差こそあれあなたが彼に依存しているという証になります。

彼女が彼の思い通りに振る舞ってくれることは、「彼女の愛情を確かめたい」男性にとって不安材料を取り除いてくれる重要なアクションであるといえるでしょう。

「さっき仲良く話していた女性は誰?」「昨日はどこに行っていたの?」そんな彼女の嫉妬が彼の支配欲を満足させてくれるのです。

嫉妬は「あなたが大好きだよ」ということの裏返しですから、「彼女は自分のもの!」と思うことで心の平穏を保とうとしている可能性が高いでしょう。

「嫉妬してほしい」彼を満足させる方法は?

もし彼が「嫉妬してほしがっている」ことに気づいたら、まずは彼を満足させてあげることを考えましょう。

「嫉妬してほしい」と思っている彼が「嬉しい」と感じる行動をピックアップしました。

軽く嫉妬してあげる

彼がもし「嫉妬してほしいな」「嫉妬してくれないの?」と仕掛けてきたら、まずは「そんなことないよ」と否定するのが鉄則です。

「本当は嫉妬してるのだけど、迷惑をかけちゃうから言ってないだけ」と返答するのがベターといえます。

彼が「嫉妬しないとすねてしまうウサギ系彼氏」だとわかったら、あなたは次の機会を待って彼に「軽く嫉妬する(素振りを見せる)」のが正解です。

嫉妬されることは彼にとって愛情の確認ですから、彼との関係がこじれたり、ケンカになったりすることはないでしょう。

しかし、あくまで「軽く・かわいらしく」嫉妬することが重要です。激しい嫉妬は誤解を招きますし、彼が望んでいるのは愛情の確認ですから、引かれてしまうのがオチかもしれません。

ことあるごとに褒める

もしあなたが「嫉妬なんてメンドクサイよ…」というタイプであるなら、彼の「嫉妬してよ欲求」をしずめることから始めましょう。

「少しは嫉妬して!」と圧をかけてくる男性は、「自分はダメな人間なのではないだろうか…」と常に不安を抱えているものです。

そんなふうには見えない彼であっても、心の中はわかりません。彼の「自信のなさ」を取り除いてあげるのが重要といえます。

どんな小さなことでも、ことあるごとに彼を褒めるようにしましょう。彼が頑張っていること・目標にしていることがあったら、応援している気持ちを何度も伝えることが大切です。

褒めることは自信回復につながります。「嫉妬して!(もっと愛して!)」という彼の欲求不満もやがて解消されるでしょう。

サプライズを用意する

常に「愛されたい」「好きの気持ちを確認したい」と思っているのが「嫉妬してよ!彼氏」の特徴といえます。

意外に思われるかもしれませんが、彼にはプレゼント(物)やサプライズ(イベント)が効果的なことが多いでしょう。

「嫉妬=愛なのだとしたら、愛情で彼を満足させる必要があるのでは…」と思うのは自然なことです。

しかし、そんな彼ほどモノ(物質)や新鮮さ(サプライズ)が効果的に働く場合があります。

プレゼントやシチュエーションで愛を感じられる男性は少なくありません。「嫉妬してほしい」彼を満足させるには有効な手段といえるでしょう。

NG!嫉妬してほしい男性にしてはいけないこと

嫉妬してほしい男性には、してはいけないNG行動があります。

彼との関係を悪化させないために、気をつけたいポイントを見ていきましょう。

彼を嫉妬させる

「彼にとって嫉妬というものは愛情表現のひとつ」と理解したからといって、嫉妬を誘発するような行動に出るのはよくありません。

彼はあくまで「あなたが嫉妬してくれないのが寂しい」と言っているだけで、「自分も彼女に嫉妬したい」とは思っていないのです。

彼を嫉妬させることは、せっかく築いた信頼関係を壊してしまう危険性すらあるでしょう。

「嫉妬してほしいと言いながら、嫉妬させないでくれって…身勝手すぎる」と思う女性が大半なのは想像に難くありません。

しかし、彼は「あなたの愛を確認したい・もっと真剣に愛してほしい」と思っているからこそ「嫉妬してほしい」のですから、あなたが裏切ることは望んでいないのです。

彼の気持ちを無視する

「嫉妬なんて面倒だなぁ…お互いに尊重し合えるような大人の関係がいい!無視しておこう」そんなふうに考える女性もいるでしょう。

しかし、彼の気持ちを無視するような対応は、彼に逆ギレされる恐れのある危険行為であるといえます。

「子どもっぽい彼を“よしよし”してあげる」くらいの気持ちで、彼の要求に応えてあげるのが正解といえるでしょう。

彼を無視することは、彼の「嫉妬してほしい」という心理的背景をすべてないがしろにすることでもあります。

彼が感情的なタイプであった場合、関係の悪化は避けられませんし、せめて「話し合う場を持つ」だけでも対応するのが恋人としてあるべき姿といえます。

過度な依存はNG

「嫉妬してくれる彼女」を求める人は、「男性は女性を包みこみ守ってあげる存在・女性は男性に寄り添って支えるべき存在」といった古風な考えの持ち主である場合が多いでしょう。

あなたが男性に尽くすことに喜びを感じる女性で、男性の背中に隠れて大人しくしていたいという奥ゆかしいタイプの女性なら、問題はないといえます。

考える必要があるとすれば、あなたの愛は自己犠牲的な愛ではないか…ということ一点のみです。

女性が男性に絶対の信頼を置き、自分の意見を持たないことは健康的な関係とはいえません。

「彼に対して過度に依存しているのかも…」と思ったら、バランス感覚の優れた友人など親しい人に相談する・助けを求めるなどして、彼との関係を再考することも大切なことといえるでしょう。

嫉妬してほしい男性心理を理解して彼を夢中にさせよう!

男性が「嫉妬してほしい」とき、それはあなたへの「愛してるアピール」である場合がほとんどです。

嫉妬してほしい彼氏は、あまり嫉妬しないあなたに対して少し不満を抱いているかもしれません。

大切なのは、彼氏にあなたの「好き」の気持ちを伝えることといえるでしょう。

嫉妬という手段を使わなくても、あなたとの愛が確信に変わりさえすれば、彼は誠実で頼りがいのある恋人になるはずです。

「嫉妬してほしい」のは彼があなたを「大好き」な証拠といえます。彼の心理をキャッチして、適切に対処することが彼を夢中にさせるポイントといえるでしょう!

***

恋愛相談で、プラスケアしよう。

叶わない恋、復縁、相性etc.
あなたの恋愛の悩み、
プラスケアします。

菅原逢生

菅原逢生

哲学専攻修士課程修了。株式会社ベルベット・イースター取締役CIO。心理占星学研究家。恋愛詩メディア「一かけらの今」編集部。太陽は山羊座で現実的だけど、月は魚座でロマンチスト。どっちなの

関連記事

PAGE TOP