ベルベット・イースター +care は、「あなたを想う」ことに特化した恋愛メディアです。恋愛の悩み・恋愛相談など、あなたの恋愛に「+care」する恋愛情報をお届けしています。

電話で恋愛相談
メールで恋愛相談
チャットで恋愛相談
恋愛詩を投稿
片思い

「好きすぎて嫌いになりたい」心理とは?嫌いになる方法も

もしあなたが彼を「好きすぎて嫌いになりたい!」と思っているとしたら、どんな心理が隠されているのか「知りたい」と思うのは自然なことです。

「大好き」なのに、その気持ちが強すぎて「嫌いになりたい」なら、自分の内面を「知る」ことが彼との関係を良好にする処方箋といえます。

あなたの心理・彼を嫌いになる方法・「好きすぎる」ときにしてはいけないことをチェックして、恋愛に生かしていきましょう。

「好きすぎて嫌いになりたい」心理とは?

「彼のことが好きすぎる!」そんな気持ちを抱くことは、決して不思議なことではありません。

けれど、それが原因で辛い気持ちになるとしたら、その心理を知っておくことは大切なことといえます。

「好きすぎて嫌いになりたい」あなたの心理を見ていきましょう。

「傷つく」ことが怖い

人を好きになることは、それによって「傷つく」こともあるということです。「好き」を通り越して、「好きすぎる」のであれば特にそうであるといえます。

「ケンカしたら…」「浮気されたら…」「失恋したら…」さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。

そんな「傷つくことへの恐れ」が、彼のことを「嫌いになりたい」と思ってしまう心理的背景にあることは想像に難くないはずです。

恐れの原因は、好きな人を嫌いになることで「自分を守りたい」という欲求であることがほとんどといえます。

「このままでは“苦痛”や“失望”が待っているかもしれない…」だから彼を「いっそ嫌いになってしまいたい…」と思ってしまっているといえるでしょう。

「自分らしくいたい」気持ちが強い

「好きすぎる」という感情は、彼への依存や期待になりやすいものであるといえます。

あなたが現代的であっさりとした性格の持ち主なら、「彼なしでは生きられない」といった依存的な恋愛に抵抗感があるのはおかしなことではありません。

「自分らしくいたい」という自立心や個人主義的な傾向の強い女性であればあるほど、彼への「好きすぎる」気持ちに息苦しさを覚えてしまうのです。

あなたには「彼のことが好きで好きで仕方がない」といった気持ち以上に、「こんな恋愛をしていてはダメになる」という憤りにも似た心理が働いているといえるでしょう。

「嫌いになりたい」という彼に対する敵意には、あなたの「自立した女性でありたい」という願望が入り混じっているからこそ発生するものと考えられます。

「失望」のショックを減らしたい

「好きすぎて辛い」と思うほどの相手ですから、あなたは彼に「全部が理想通りの男性」といった期待を寄せているのかもしれません。

しかし、彼があなたの「期待」や「理想」を必ずしも叶えてくれるとは限らないというのが現実といえます。

彼との関係が深まるにつれ、「実は王子様でも理想の男性でもなかった」となってしまうことは珍しいことではないでしょう。

厳しい現実に直面したとき、人は失望感にさいなまれるものです。その「ショック」を減らしたい、というのがあなたの心理にはあるはずです。

彼を「嫌いになる」ことさえできれば、「失望」というダメージを最小限にできると考えているところがあなたの中にあるのかもしれません。

トラウマを思い出したくない

過去に恋愛で傷ついた経験がある場合などにも、大好きな人を「好きであるがあまり嫌いになりたい」と考える要因になります。

もしあなたに「彼の浮気に苦しんだ」「手痛い失恋を経験した」などの恋愛に関するトラウマがあるのなら、「好きすぎる彼を嫌いになる」ことで「再びトラウマと直面することを避けたい」という心理があるといえるでしょう。

誰かを好きになったことで傷ついたという過去の経験は、あなたに「夢中で人を好きになる」ことへの恐怖心として表れることがあります。

「これ以上好きになったら、また傷ついてしまうのでは…」そんな思いが、「彼を嫌いになりたい」という理由になっている可能性は十分あるといえるでしょう。

あなたは「彼を深く愛してはいけない」というブレーキを心の中でかけ続けているのかもしれません。

「自分が嫌い」なことも

「彼のことが大好き」なのに「嫌いになりたい」という心理には、「彼に愛される資格が自分にはないのではないか」という葛藤が隠れていることがあります。

自分という存在を、「相手に開放する」のが恋愛ですから、もしあなたが「自分に自信がない」「自分のことが嫌い」と思っている場合、「彼への愛に素直になれない」ことにつながるはずです。

あなたが彼からの愛を「受け止められない」となったら、彼を苦しめ、傷つけてしまうことになりかねません。

あなたが彼を「嫌いになってしまいたい」と思うのは、「自分と関わることで彼を不幸にしたくない」と考えてしまうからということもできるでしょう。

「彼を好きな気持ちと彼を嫌いになりたい気持ち」が混在しているのは、あなたの「自己嫌悪」や「彼への思いやり」が混じり合った複雑な感情によって起きているといえます。

「好きすぎる」彼を嫌いになる方法は?

「大好きな彼」ではあるけれど、「一旦気持ちを落ち着かせたい」と思うこともあるでしょう。

好きで好きで仕方ない彼を一時的に嫌いになる方法を紹介します。

彼の「ダメなところ」をメモしておく

「大好きすぎる!」と思うほどの彼ですから、「嫌われる」必要はありませんが、心の均衡を保つために「嫌いになる(冷静になる)」術を知っておくのは重要です。

よくいわれることかもしれませんが、まず簡単にできることとして、彼のイライラする癖であったり、気に障るような発言だったりを定期的に思い出すことは「嫌いになる方法」として有効といえます。

例えば、彼と会っているときに「彼のダメなところ」をメモしたアプリを開いて確認する・彼のことを思い出すたびに彼の嫌なところを想像するなどが挙げられます。

もし「好き」の気持ちがあふれてどうしようもなくなったときは、まだ起きていない彼との「辛い過去になりそうな未来」をイメージしてみるのも有効です。

「そんなことをしたら本当に嫌いになるのでは…」と思う人もいるかもしれませんが、「嫌いになりたい」ほど「好き」な相手ですから、感情をクールダウンする方法として取り入れてみましょう。

接触する機会を減らす

どうしようもないくらい「大好き」な彼であれば、四六時中彼のことを考えてしまう人もいることでしょう。

そんな彼を「嫌いになる方法」の一つとして、彼と会ったり、メッセージのやり取りをする機会を減らしたりするというものがあります。

物理的な接触回数を減らすことは、彼への気持ちを薄める効果があります。

ただし、あまりにも彼を避けていると「嫌われてしまったのかな?」と思われる可能性があるので、あくまで「一定の距離を保つ」程度に収めましょう

彼のSNSを見ないようにするのも効果的です。彼への「好き」を減らすには、彼のことを思い出す回数を減らすことが重要といえます。

自分磨きに集中する

「それでも彼のことを嫌いになれない」という場合は、「気をそらす」ことが効果的な方法になる場合があります。

新しい趣味を始める・仕事に集中する・友だちと遊ぶ機会を増やすなど、彼以外に夢中になれるものを見つけて、それに没頭しましょう。

今あなたは「彼」のことに集中しすぎている状態なので、代替できる「チャレンジ・気晴らし」を通して「好き」のレベルを下げることができるはずです。

「自分磨き」をすることも、「ちょっと彼を好きになりすぎていたかも…」と冷静になるきっかけを与えてくれます。

新しいスキルを学んだり、目標に向かって努力したりすることで、「自分を好きになる」ことができますし、彼を「嫌いになってもいいかな」という気持ちが芽生えるはずです。

「好きすぎる」ときにしてはいけないこと

あなたが「彼のことを好きすぎて辛い」とき、してはいけないNG行動があります。

自分を傷つけてしまわないように、事前にチェックしておきましょう。

「リバウンド恋愛」をする

リバウンド恋愛とは、今(もしくは過去)の恋愛を忘れるために新しい恋愛をすることです。

「彼のことが好きすぎて辛い」だから「彼を嫌いになりたい」というあなたは、彼を嫌いになるために「彼じゃない誰か」を好きになることで彼を忘れようとするかもしれません。

新しい恋愛に飛び込むことは、「一時的な対症療法」としてはよいかもしれませんが、長期的に見るとあなたを傷つける可能性が高いものといえるでしょう。

大好きな人を忘れることは簡単なことではありません。いくら気を紛らわせても、根本的な問題は解決しないのです。

リバウンド恋愛をすれば、あなたの感情は複雑化し、合併症を引き起こす可能性があります。してはいけないNG行動の一つといえるでしょう。

自分に厳しくする

好きで仕方ないときにしてはいけないことの中には、「自分に対して厳しくする」ことも含まれます。

自分の感情を無視する・自分を抑圧する・美容や健康に気を遣わないなど、自分を辛くさせる行動は逆効果になるといえるでしょう。

自分に厳しくすることは、自分を否定することと同じ意味です。前に進むこと・今の問題を解決することから遠ざかってしまうので、NG行動の最たるものなのです。

あなたを支えてくれる友だちや家族と過ごしたり、メイクのスキルを上げたり、健康的な食事を心掛けたりすることがあなたを癒してくれます。

決して自分を罰するようなことはしないようにすることが重要です。ネガティブな行為はあなたを傷つけるだけといえます。

彼を諦める・連絡を絶つ

あなたは彼のことが「嫌いになりたい」と思うほど「好き」な状態です。

それは最上級の愛情を彼に対して持っていることを表しています。あなたもこのことをよく理解しているでしょう。

しかし、それほど「好き」の気持ちが高まっているときというのは、自分でさえ思いもよらなかったアクシデントが起こりやすいといえます。

「好き」が高じて彼を諦めてしまったり、連絡を絶ったりするのは「辛い気持ちを抱え続けてしまう」ことになるはずです。「してはいけないこと」として常に意識しておきましょう。

「好きすぎる」状態で彼と絶縁することは、深い心の傷となって残り続けてしまう悪手であるといえます。

愛情のボリュームを少し下げることも必要!

彼を「好きすぎる」というあなたの気持ちはとても尊いものです。

けれど、「大好き」が強すぎて「嫌いになりたい」というのであれば、きちんと自分の心理を把握する必要があります。

あなたが彼を「大好き」なのだとしても、それで辛い気持ちになってしまっては、恋愛そのものが苦しくなるだけでしょう。

彼との関係を少し冷静に観察して、より建設的な恋愛に育てていくことも大切です。

「好きすぎる!」という愛情のボリュームをほんの少し下げて、心地よい音量で音楽を聴くように、恋愛にも「落ち着き」を取り入れて、恋を進めていきましょう!

***

恋愛相談で、プラスケアしよう。

叶わない恋、復縁、相性etc.
あなたの恋愛の悩み、
プラスケアします。

菅原逢生

菅原逢生

哲学専攻修士課程修了。株式会社ベルベット・イースター取締役CIO。心理占星学研究家。恋愛詩メディア「一かけらの今」編集部。太陽は山羊座で現実的だけど、月は魚座でロマンチスト。どっちなの

関連記事

PAGE TOP