ベルベット・イースター +care は、「あなたを想う」ことに特化した恋愛メディアです。恋愛の悩み・恋愛相談など、あなたの恋愛に「+care」する恋愛情報をお届けしています。

電話で恋愛相談
メールで恋愛相談
チャットで恋愛相談
恋愛詩を投稿
片思い

好きで好きで仕方ない心理とは?対処法やNG行動

「好きで好きで仕方ない」そんなふうに思ったことはありませんか?しかし、好きでしょうがない気持ちを持て余す人は意外と多いのです。

好きな気持ちが強すぎるときの心理や、愛情を表現する方法、また、彼にも「好きで仕方ない」と思ってもらえる方法を見ていきましょう。

好きで仕方ないときにやってはいけないNG行動についても紹介します。

好きで好きで仕方ない心理を解説

好きで好きで仕方ないという気持ちには、いったいどんな心理が隠されているのでしょうか?好きな気持ちが止まらないときの心理をチェックしましょう。

愛情を強く求めている

好きで好きで仕方がないと感じる心理には、さまざまな要因がありますが、その中でも「愛情を強く求めてしまう」ことが一因になっている場合があるでしょう。

愛情を強く求める心理は、過去にトラウマを抱えている人によく見られます。

例えば、子供の頃に親からの愛情を十分に受けられなかったり、誰かから傷つけられたりしたことがある場合、大人になっても強く愛情を求めてしまうのです。

また、愛されることで「自分には価値があるんだ」とはっきり確認したい場合もあります。

好きな人に対して、「どうしようもなく好き」という気持ちを持つことで、自分自身の価値を高めることができるのです。

しかし、相手からの愛情が得られない場合、自分の価値をとても低いと思ってしまうことがあります。

このような状況下で、自分の感情を抑えることができず、好きで好きで仕方がないと感じてしまうのでしょう。

幸せになりたい

「幸せになりたい」と強く願っている場合も、相手を「好きで好きで仕方ない」と思ってしまう要因になります。

とはいえ、たとえ誰かを好きな気持ちが、「幸せになりたいから」という気持ちから来ていたとしても、それは正常な心理状態といえるでしょう。

それは、恋愛においては一般的なものであり、男性も女性も同じように感じることです。

しかし、自分の幸せがその人次第であると感じてしまったり、彼と一緒にいることでしか幸せを感じられないと思ってしまったりするのは、トラブルのもとになってしまうかもしれません。

このような状態に陥ったとき、幸せになりたいと思う気持ちがどこまでも膨らんでいき、周囲の状況が目に入らなくなってしまいます。

好きな人と一緒にいたいと思うことと、自分自身が幸せでありたいと思うことは、両立できるはずです。

自分が幸せになるためには、相手に対する愛情だけではなく、自分自身のことも考えることが必要といえます。

自信がない場合も

「好きで好きで仕方ない」という気持ちは、自分の心を揺さぶるものです。特に、自分に自信がない場合は、その気持ちがさらに強くなります。

自分に自信がないと、相手のことを過大評価したり、自分自身を過小評価したりすることがあります

それによって、好きで仕方がないという感情が、ますます大きくなってしまうのです。

彼が好きで仕方がないという気持ちは、まさに無限に広がっていく感情のように思う人もいるでしょう。

自信がないという理由で、彼への愛情が過剰になっていると感じる場合は、まず自分自身を肯定することが大切です。

自分自身をしっかりと認め、自分にとって大切な何かを見つけることが必要といえるでしょう。

好きで仕方がないという気持ちを受け止め、否定しないことも大切です。

自分自身を責めたり、気持ちを隠そうとしたりしても、その気持ちはいずれ爆発してしまうかもしれません。

自分自身にやさしく、自分の気持ちを受け止めることが、大切な第一歩かもしれません。

好きすぎる愛情を表現する方法

好きな人のことを思うと、「好きすぎる」という感情が優先されて、それ以外考えられなくなる人もいるでしょう。愛情を表現する上手な方法を紹介します。

いつも笑顔で接する

好きすぎる愛情を表現するひとつの方法として、「いつも笑顔で接する」というものがあります。

「好きすぎる」と感じる恋愛は、とても素晴らしい気持ちですが、同時に不安な気持ちにもなることがあるでしょう。

好きで仕方がない人に対して、ストレスを感じたり、愛情不足を感じたりすることがあるかもしれません。

まず、あなたの笑顔は、あなたが大好きな人にとってとても魅力的なものです。常に明るく、笑顔で接することが重要です。

人が笑顔で接すると、相手はあなたに好感を抱きます。笑顔は、相手を心地よくさせ、相手に自信を与えられます。

また、いつも積極的に接することも大切です。好きな人に会えることを楽しみにし、その時間を最大限に活用してみましょう

相手に興味を持ち、共通の話題を探して、一緒に楽しむことができるように心掛けるのです。

ただし、あなたの愛情表現を、相手に強制することはおすすめできません。

自分自身の気持ちをコントロールすることができるように、日頃から自己管理を心掛けておきましょう

好きの気持ちを伝える

「好きで好きで仕方ない」そんな愛情を表現するには、やはり「好きという気持ちを伝える」ことが大切です。

好きの気持ちを伝えることは、とても勇気がいるかもしれません。しかし、好きという気持ちを伝えることはとても大切です。

相手に自分の気持ちを伝えることで、相手もあなたに気持ちを伝えてくれる可能性があるでしょう。

好きと伝えるときは、表現方法によって受け取り方が変わることを忘れずにいましょう。

まずは、相手に気持ちを伝えることを決めたら、自分が普段から使う表現方法を意識してみるのです。

自分が普段から使っている表現方法なら、相手にも伝わりやすく、自分の気持ちにも素直になれるでしょう。

しかし、相手の気持ちは自分がコントロールできるものではありません。

気持ちを伝えたあとは、相手の反応を待つのではなく、自分の気持ちを大切にしていくことが重要です。

自分の気持ちを素直に伝えることで、相手との距離も縮まります。

自分自身の気持ちを大切にし、相手にも自分の気持ちを伝える勇気を持ってみましょう

彼の全てを受け入れる

彼が好きすぎて、その気持ちをどう表現したらいいかわからないという人はたくさんいます。

そんなときは、彼の全てを受け入れてみることから始めましょう。

好きで仕方ない人がいると、つい自分勝手な気持ちになってしまいがちです。

しかし、彼のことを受け入れることで、やさしい気持ちになったり、豊かな気持ちになれたりするかもしれません。

彼の全てを受け入れるとは、彼が持っているよい部分も悪い部分も、全てを肯定的に受け止めることです。

彼に嫌な部分があっても、それを否定する・変えようとするのではなく、受け入れてあげるようにしましょう。

また、自分自身も完璧ではないことを受け入れることができるようになると、彼も同じような気持ちになってくれるかもしれません

好きでたまらないときの対処法

彼のことが頭から離れないとき、どうすればいいのかわからず、思わずネガティブな気持ちになる人は多いものです。好きでたまらないときの対処法を紹介します。

日記を書く・メモする

好きでたまらない人がいると、その人のことが頭から離れず、好きすぎてつらいという気持ちになることがあります。

そんなときは、自分の気持ちを客観的に冷静に見つめるために、日記を書く・メモを取るなどの方法がおすすめです。

日記やメモには、自分の気持ちを書き留めることができます。書き出すことで、自分の気持ちがよりはっきりとわかり、客観視できるようになるでしょう。

また、書き留めることで、頭の中にあるモヤモヤが整理され、心が落ち着くことがあります。

日記を書く場合は、毎日決まった時間に書くことが大切です。

また、メモはいつでも手軽に書けるため、気持ちが落ち着かないときにはメモを取ることも有効です。

自分の気持ちを客観視することができれば、好きでたまらないときでも、冷静に対処することができるようになるでしょう。

自分の気持ちを客観視し、落ち着くために日記やメモを使うことで、自分自身を見つめ直すことができます

好きでたまらない気持ちも、日々の積み重ねで少しずつ乗り越えていくことができるのです。

信頼できる友人に話す

好きでたまらないときは、1人で抱え込まずに、信頼できる友人に話してみることもひとつの対処法です。

話を聞いてもらうことで、気持ちが落ち着くこともありますし、話すことで自分自身でも冷静になることができるでしょう。

また、信頼できる友人に話すことで、気持ちを共有することができます。気持ちが軽くなることもありますし、アドバイスをもらえることもあるでしょう。

話す相手は信頼できる友人であることが大切です。

相手が話を受け止めてくれるかどうか、相談に乗ってくれる人物かどうかを考えて選びましょう

信頼できる友人であれば、自分1人で悩んでいるよりも、話をすることで何かの答えが見えたり、ストレスがなくなったりといったことがあります。

友人が話を受け止めてくれることで、今の恋愛に勇気が持てるようになるかもしれません

ただ、友人に話すということは、自分のプライバシーを明かすことになるため、注意が必要です。

話したことが、友人の友人や彼にも伝わってしまうことがあるというリスクもあるため、話しすぎには注意しましょう

夢中になれる趣味を持つ

好きで好きで仕方ないという気持ちは、なかなか忘れることが難しいものです。

しかし、夢中になれる趣味を持つことで、好きすぎる気持ちを少しでも忘れることができるでしょう。

趣味に没頭すると、自分自身を忘れるくらい夢中になれます。

その時間を過ごすことで、落ち着きを取り戻し、ナーバスな気持ちから抜け出すことができるかもしれません。

どのような趣味がよいかは人それぞれではありますが、やはり自分が本当に没頭できる趣味がよいでしょう。

やりたいことに集中することで、冷静になれるかもしれません。自分自身を発見し、自己実現につながる可能性もあります。

好きな人のことばかり考えていた時間を、自分自身のための時間に変えられるのです。

趣味に没頭する時間を過ごすことで、忘れられなかった好きすぎる気持ちを忘れることができるでしょう。

趣味に夢中になってみることで、好きすぎる気持ちを少しの間だけ忘れて、自分自身と向き合ってみるのも必要といえます。

好きが止まらないときのNG行動

好きな気持ちが強すぎて、好きが止まらない状況に陥っている人もいるかもしれません。好きで仕方がないとき、やってはいけないNG行動を見ていきましょう。

嫉妬や束縛はNG

好きが止まらないときのNG行動として、嫉妬や束縛をしてしまうというものがあります

好きで好きで仕方がない人がいると、嫉妬や束縛に陥ってしまいがちなものです。

しかし、嫉妬や束縛は好きな人を嫌な気分にさせるだけでなく、相手を苦しめてしまうこともあります。

嫉妬心は、相手を信用していないときに起こりがちな感情です。

嫉妬心が相手に伝わってしまうと、相手との関係を悪化させてしまうかもしれません。

相手を信頼し、自分自身を成長させることで、嫉妬心を軽減させることが大切です。

束縛は、相手の自由を奪ってしまう行為といえます。相手を束縛してしまうことで、相手が自分に不満を持つこともあるでしょう

束縛をするのではなく、相手に自由を与えることで、良好な関係性を維持することができます。

彼を束縛しそうになったときは、自分にご褒美をあげることが大切です。あなたが楽しく過ごすことで、相手との関係も良好に保てるでしょう。

好きで好きで仕方なくて、嫉妬や束縛に陥ってしまうこともあるかもしれませんが、相手との良好な関係を続けるためにも、嫉妬や束縛は避けましょう

彼を試さない

好きで好きで仕方ない気持ちになると、ついつい彼を試してしまうこともあるかもしれません。

しかし、これらの行動は、彼を嫉妬させたり、不快にさせたりするだけなので、NGな行動といえるでしょう

彼を試す具体的な例としては、恋の罠を仕掛けたり、わざとケンカをしたりすることを指します。

彼の本当の気持ち・彼の本気度を確かめたいという気持ちはわかりますが、それは彼に「信頼されてないんだな」と思わせるだけで、よい結果にはつながらないでしょう。

彼を試してしまうのは、自分自身が不安定だからかもしれません。

自信を持って、彼の気持ちを確かめることができるようになるには、自分自身の気持ちをしっかり把握し、自分に自信を持つことが大切です。

長い目で見ると、彼を試すことは、よい結果にはつながりません。

自分自身に自信を持ち、彼とのコミュニケーションを大切にすることで、円滑なコミュニケーションが生まれます

尽くしすぎる

好きが止まらないときのNG行動として、尽くしすぎるということがあります。

尽くすことは、相手を大切に思っているという気持ちからくるものであり、素晴らしいことです。

しかし、尽くしすぎると相手に負担がかかってしまい、逆効果になる場合もあります。

過剰に尽くすということは、相手を甘やかしてしまうことにもつながるのです。

相手に対して甘く接することは、愛情を表現する方法のひとつですが、逆に相手にとって悪影響を及ぼすこともあるため注意しましょう。

甘やかすことで、相手があなたに依存するようになってしまい、精神的に不安定になる場合もあります。

もちろん、尽くすことや甘やかすこと自体がNG行動だとはいえません。

ただ、適度なバランスを保つことが大切です。相手にとってプラスになるような方法で愛情を表現することが重要です。

自分を犠牲にすることで相手に尽くすことは、長期的に見ると相手にとってもあなたにとってもマイナスとなってしまいます。

バランスを保ちつつ、自分自身も大切にすることが、健全な愛情表現の方法だといえるでしょう。

彼にも「好きで仕方ない」と思ってもらうには?

好きで仕方ないという気持ちは、あなたが持っている一方的な感情なのでしょうか?彼にも「好きで仕方ない」と思ってもらえる方法を紹介します。

大好きと冷たいを繰り返す

大好きと冷たいを繰り返すことは、彼に「好きで仕方ない」と思ってもらうための有効な方法といえます。

彼に対して常に好きという言葉を使うのではなく、冷たい態度を取ることも必要といえるでしょう。

大好きと冷たいの繰り返しの中で、彼はあなたの態度にギャップを感じ、キュンとする瞬間が生まれるのです。

大好きな人だからこそ、自分の感情にアップダウンを設けて、彼に「彼女は自分のことをどう思っているんだろう」と思わせるテクニックを使いましょう。

とはいえ、この方法は大好きな彼に混乱を与えることがあるでしょう。

そのため、「大好き」は9割、「冷たい」は1割程度にして、「あれだけ大好きって態度だったのに、今日は冷たいな」そんなふうに思わせるのが大切です。

彼にあなたの本当の気持ちを理解してもらえるよう、うまく大好きと冷たいを繰り返しましょう。

あなたと彼の関係にドキドキ感やスリルが加わり、彼からの「好きすぎる」の気持ちが早まるかもしれません

彼がしてほしいことを探す

「彼を好きすぎるけれど、彼が積極的になってほしい」そんなときは、「彼がしてほしいことを探す」というのもひとつの方法です。

まず、彼が「こうしてほしいな」と感じていることを探してみましょう。

彼が好きなことや持っている興味などをリサーチして、先回りして彼にプレゼントを渡すなどすると、「気の利く女性だな」と思ってもらえます。

また、彼が何か悩んでいるときには、相談に乗ってあげたり、手伝ってあげたりという気遣いも大切です。

なお、「彼からうれしい言葉を聞けるかもしれない」という期待感を持っていると、彼にもその気持ちが伝わることがあります。

彼を見つめる目がキラキラしていたり、自然と彼を思う言葉が出てきたりして、彼の気持ちを引き出せる可能性がアップするでしょう

とはいえ、彼に好きの気持ちを伝える前に、彼がそのときにどんな気分でいるのかを知っておくことも大切です。

彼が大きな愛情を受け入れられる状態であれば、それは彼の態度に表れることでしょう。

自分からのアプローチに集中するのではなく、彼からのアプローチを待つことも「清楚な女性」という印象を与える方法といえます。

彼の気持ちをくんだ行動が、彼にも「好きで仕方ない」と思ってもらえるきっかけになるでしょう。

自分磨きをする

彼に「好きで仕方ない」と思ってもらうためには、まずは自分磨きから始めてみるのもひとつの手といえます。

彼が好きで仕方がないという気持ちは自然な感情ですが、自分自身が成長をすることは同じくらい重要です。

自分磨きをすることで、彼から「頑張ってるな」「素敵な女性になってきたな」と思ってもらえるだけでなく、自分自身にも自信を持てるようになるでしょう

自分磨きとは、メイクやファッションをアップデートすることだけではありません。運動や勉強・資格取得など、自分自身を成長させることも自分磨きのひとつです。

例えば、新しい運動を始めてみることで、健康的な体型を手に入れることができます。

また、自分が好きなことについて勉強することで、自分自身の知識やスキルを向上させることができるでしょう。

さらに、資格を取得することで、自分自身のキャリアアップにつなげることも可能です。

自分磨きをすることで、彼からの注目を集めることができます。

彼に「好きで仕方ない」と思われたいのであれば、まずは自分自身を成長させることが大切といえるでしょう。

まとめ

好きで好きで仕方ない心理には、愛情を強く求めていたり、幸せになりたい気持ちがあったりとさまざまな要因があります

好きでしょうがない気持ちを持て余しているのなら、愛情を表現する方法や、気持ちが高ぶったときの対処法などを参考にしましょう。

彼にも「好きで仕方ない」と思ってもらう方法を実践すれば、彼との関係をより良好なものにできる可能性も高まります

彼に対する深い愛情を忘れず、彼とのこれからを実りあるものにするために、今の恋愛を大切に、未来を見据えて行動していきましょう。

菅原逢生

菅原逢生

哲学専攻修士課程修了。株式会社ベルベット・イースター取締役CIO。心理占星学研究家。恋愛詩メディア「一かけらの今」編集部。太陽は山羊座で現実的だけど、月は魚座でロマンチスト。どっちなの

関連記事

PAGE TOP