ベルベット・イースター +care は、「あなたを想う」ことに特化した恋愛メディアです。恋愛の悩み・恋愛相談など、あなたの恋愛に「+care」する恋愛情報をお届けしています。

電話で恋愛相談
メールで恋愛相談
チャットで恋愛相談
恋愛詩を投稿
両思い

滅多に泣かない彼氏が泣いた…心理とNG行動を確認!

「泣くような人には見えなかったのに、彼氏が泣いた…」そんな場面に遭遇する女性は一定数存在します。

「よく泣く彼氏」であれば、「(あぁ、またか)よしよし」と言ってあしらう人がほとんどかもしれません。

しかし、「普段は滅多に泣かない彼氏」が泣いたとしたら、驚いたりオロオロしたりしてしまう人が大半ではないでしょうか。

「どうしよう…」「どうしたらいいんだろう?」そう思うのはごく自然なことです。

「滅多に泣かない彼氏」が泣いたときの男性心理や、対処法・してはいけないNG行動を紹介します。

滅多に泣かない彼氏が泣いた…男性心理を確認!

彼が「滅多に泣かない」男性だとしたら、「泣いた理由を知りたい」と思うのは当然のことです。

普段は泣かない彼氏が泣いたときの男性心理を見ていきましょう。

あなたと「もっと親しくなりたい」というサイン

「泣く男性」には、「頼りにならない人・弱い人」というイメージがあるため、彼氏が泣いたという事実はあなたにとってショッキングな出来事といえるでしょう。

「涙を流す」ことは、彼があなたに対して深い信頼や、親密さを感じていることの証である可能性があります。

「あなたともっと親しくなりたい」「あなたに本当の自分を知ってほしい」という心理が「涙を流す」という行為になって表れたといえるでしょう。

恋人との関係は、楽しいことばかりではありません。時には苦しいこと、困難なことを乗り越えてこそ絆が深まるものです。

彼はあなたと「もっと心の深いところでつながりたい」と強く願っているのかもしれません。

あなたに隠し事をしている

「何でも話し合える仲」「お互いに秘密がない関係」そんなカップルを目指している人は少なくありません。

どんな恋人同士にもそのような傾向があり、「嘘をつかれるのは絶対嫌」と強く拒否反応を示す女性もいます。

滅多に泣かない彼氏が「泣いた」としたら、あなたに対して「隠し事をしている」「嘘をついている」ことに耐えきれなくなった可能性があるでしょう。

「本当のことを言ってね」「隠し事をしないでね」あなたが彼とそんな会話をしていたとしたら、彼を追い詰める原因になっているはずです。

誰でも隠しておきたい過去・出来事というものがあります。「恋人にさえも言えないことがある」という事実は、彼が涙を抑えきれなくなった心理的要因になっているといえるでしょう。

仕事や私生活のストレスが限界に来ている

彼が最近、「仕事が忙しいんだ」などといってデートの予定をキャンセルしたことはないでしょうか。

「わたしを大切に思っているなら、デートのキャンセルなんて言語道断!」そんな怒りを覚える人もいるかもしれません。

しかし、彼がそんなあなたの気持ちに寄り添えないほど強いプレッシャーにさらされている場合、大きなストレスとなって彼にのしかかっていることは想像に難くないでしょう。

強いストレスは、ある日突然爆発するものです。いつもは泣かない彼も、耐え難いストレスに「もう限界だ」となってしまえば、感情を抑えきれなくなってしまいます

彼を追い詰めるストレスには、私生活での継続的なトラブルも含まれているでしょう。

過去のトラウマを思い出した

過去の「トラウマ」を思い出すことは、彼の感情をたかぶらせる心理的要因となるはずです。

あなたに対して「泣く」ことは、大抵の場合過去の恋愛体験がフラッシュバックした結果といえます。

元カノと喧嘩をした・浮気現場を目撃した・辛い失恋をしたなどの記憶が、あなたの何らかのしぐさや行動と重なって呼び覚まされた可能性が否定できません。

いつもは泣かない彼です。意識している・していないにかかわらず普段から感情を抑圧しているところがあるのではないでしょうか。

彼が涙を流したのは、「泣いてはいけない」というリミッターを壊してしまうほどのトラウマを思い出したからといえそうです。

「癒された」と満足している可能性も

「涙を流す」ことは、決して悪いことではありません。泣くことで感情が解放され、スッキリすることもあるでしょう。

男性はプレッシャーを感じていたり、ストレスをためたりしていても、それを表現することは少ないものです。

あなたが彼にやさしくしたり、話を聞いてあげたり、そばにいてあげたりしたことで、彼は「癒された」と感じて「満足」した可能性があります。

彼が泣いた理由は、あなたに癒されたことによるカタルシス(心の浄化)を経験したからという心理的背景があるといっても間違いではないでしょう。

滅多に泣かない彼氏が泣いた…対処法

男性に目の前で泣かれたら、困ってしまう女性が大半なのではないでしょうか。

ほとんど泣かない彼氏が泣いたときの対処法を知っておきましょう。

彼を受け入れる

普段は滅多に泣かない彼氏であればなおさら、その「涙」にはさまざまな理由があります。

男性の中には「何で泣いたのか聞かないでほしい」と考えている人が少なくありません。

あなたが彼にできることは、何も言わずにそばにいる・「泣いてもいいよ」と言う・「泣き止むまで待っているね」となぐさめるなどが挙げられます。

無条件に彼の涙を受け入れることで、彼は安心し、泣き止むはずです。

ポイントは「なぜ泣いたのか」を訪ねないことです。彼に心の居場所を提供することで、あなたへの信頼感が高まり、感情レベルでのつながりを持つことができるでしょう。

ボディタッチする

彼がもし泣き止む様子がないのであれば、ボディタッチをするというのも効果的な方法です。

そっと肩に手を置いたり、軽く手を握ったり、膝をさすったりしてみましょう。

言葉で伝わらないことはたくさんあります。ちょっとした肌と肌の触れ合いが、言葉以上に彼をなぐさめる要因になることもあるのです。

感情を抑えることができなくなっている彼は、何かにすがりたくて、心細くてあなたに涙を見せたのかもしれません。

あなたの肌の温もりが彼に伝われば、彼の気持ちが落ち着く可能性は高いといえるでしょう。

アフターケアをしっかり

彼が泣き止んだら、彼へのアフターケアはしっかり行うことがおすすめです。

彼の様子を見ながら、彼の本当の気持ちを聞き出すことが必要といえるでしょう。

決してせかしたり、「どうして?」と問い詰めたりしてはいけません。時間をかけて彼が自分から話してくれるときを待つことが大切です。

感情を言葉で表現することは、気持ちを整理したり、ストレスを軽くしたりすることに役立ちます。

彼をリラックスさせてあげることも必要です。音楽を聴いたり、アロマを楽しんだりしてくつろげる時間を作りましょう。

滅多に泣かない彼氏が泣いた…NG行動もチェック

「普段は滅多に泣かないのに…」そんな彼氏が泣いたとき、どのような行動がNGとされているのでしょうか。

「泣いている」彼氏にしてはいけないNG行動を確認しましょう。

「泣かないで」「あなたらしくない」と言う

たとえ親切心からだとしても、彼に「泣かないで」「泣くなんてあなたらしくないよ」と声をかけるのは控えた方がよいでしょう。

あなたからすれば、「彼に元気になってほしい」「あなたのためを思って」という気持ちがあるからこその発言かもしれません。

しかし、普段滅多に泣かない彼にとっては「自分が否定された」「本当の自分を受け入れてもらえなかった」と思ってしまう可能性が高いといえます。

彼が涙を見せたのは、あなたを信頼している・心を許しているという証拠です。

励ましの言葉は時に相手の心を傷つけてしまうことがあります。「泣き止むまで待ってる」という心構えでいることが必要といえるでしょう。

ジョークにする

男性に泣かれることに慣れていない女性は、彼の涙を見たことによる動揺を隠すために、ジョークにしてその場を取り繕うことがあります。

「ブルーになっちゃったのかな」「さっき行ったレストラン、そんなに不味かった?」このような反応は、「自分を理解してくれない人」というレッテルを彼があなたに貼ってしまう原因になります。

直接的な別れの原因になることはありませんが、心と心のつながりを大切にする彼だったとしたら、「少し距離を取ろう」と考えるきっかけになるのは避けられないでしょう。

涙を流しているのは「滅多なことでは泣くことがない」彼です。よほどの理由があったと考えるのが自然といえます。

「場を和ませよう」とするあなたのやさしさが、実はNG行為だった、といったことがないように注意が必要です。

なかったことにする

彼が泣いたことについて、「知らないフリをする」「なかったことにする」のも、してはいけないNG行動のひとつといえるでしょう。

深刻なムードに苦手意識を持つ女性は少なくありません。恋愛は楽しいもの・自分を満たしてくれるものといった先入観があるならなおさらです。

「普段は涙を見せない、男らしい人だと思っていたのに…」とがっかりして別れを考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、「恋愛は楽しいばかりじゃない」という現実を受け止めなければならないときがやってきます。

彼の感情に寄り添い、話し合うことで問題の解決を目指しましょう。たとえ彼と別れたとしても、今後の恋愛に役立つはずです。

滅多に泣かない彼氏が泣いたら、適切な対処が大切!

彼氏のことを、「滅多に泣かない心の強い人」と思っていたら、唐突に泣かれることはショック以外の何ものでもありません。

そんなときは、彼氏の心理を確認して、「どうしたらよいか」を考えることが大切です。

あなたがもし「男らしくない」「みっともない」と思っているとしたら、それは関係の破綻を招いてしまうかもしれません。

「滅多に泣かない彼氏」が泣いたのだとしたら、それはあなたへの言葉にはできないメッセージである可能性が高いからです。

涙を流した彼氏の気持ちを思いやることが最優先といえます。してはいけないNG行動も確認して、彼氏とより深い関係を築くステップにしましょう!

恋愛相談で、プラスケアしよう。

叶わない恋、復縁、相性etc.
あなたの恋愛の悩み、
プラスケアします。

菅原逢生

菅原逢生

哲学専攻修士課程修了。株式会社ベルベット・イースター取締役CIO。心理占星学研究家。恋愛詩メディア「一かけらの今」編集部。太陽は山羊座で現実的だけど、月は魚座でロマンチスト。どっちなの

関連記事

PAGE TOP